【購入買い目検証】6月15日 競馬タウン

今回依頼を受けたのは、競馬予想サイト「競馬タウン」の1鞍。

▼6月15日の東京2R
競馬予想サイト競馬タウン買い目画像

「軽く稼ぎたい時にもってこいの情報」ということで安価で提供されていたみたいだが、
フォーメーションを組んで、本命馬ワンダーマンボの1着固定の3連単を本線に、2着に敗れた際にもおさえられるように狙った買い目。

資金配分をわけていることからも、あくまでもワンダーマンボの勝利の可能性を追求していることは伝わってくる。

結果はワンダーマンボがクビ差の3着に敗れたために、フォーメーションでも外れているが、このわずかな差でワンダーマンボが2着に入線していた場合には3連単万馬券が見えていたというレース内容。

「惜しかった」とは言えるが、そもそも大勝負するような競馬情報ではない

個人的にはお金を払ってまで手に入れたい情報ではないが、「軽く稼ぎたい時にもってこいの情報」というとおり、軽く遊ぶ程度。
競馬の予想の組み立て方はわからないが、競馬を軽く楽しみたいという方であれば、酷評するつもりはない。

この情報に1万円を払う価値があるのか?と聞かれれば、個人的には「NO」と答えたいところだが、その価値は人それぞれの基準で決めれば良い。
それにしても、万単位で情報料金をとっているのに、せめて買い目の解説や見解くらいはあって良いのではないか?と思う。

【結論】
競馬タウンを含め見解がないサイトがあまりにも多すぎる。
レースの見解を書いてないサイトは、情報を入手していないサイトが多い傾向にある。
すべてとは言わないが、やはり見解がないサイトは使うのをやめておいた方が良い。

  検証(済)競馬タウンの関連記事